都道府県の人口のグラフを作ってみました

人口の多い都道府県ランキングです



 東京都   10.36%


 神奈川県  7.11%


 大阪府   6.95%


 愛知県   5.82%


 埼玉県   5.65%


 千葉県   4.86%


 兵庫県   4.37%


 北海道   4.28%


 福岡県   3.99%


 静岡県  2.93%





東京は、色々な意味で別格として、第2位は神奈川県です。
どうやら、2006年に大阪府を抜いて2位になりました。
神奈川県も、県としてはかなり別格になりつつあります。

もちろん東京を中心とした首都圏の4都県は人口が多く、
その中で最も人口が少ない千葉県でさえ第6位です。

これらの県と比肩されるのはもはや大阪府と愛知県しかありません。
様々な意見や取り組みがあっても東京の一極集中は、
厳然たる事実として未だに進んでいます。

大阪府とともに首都圏ではない地域の中心地としているのが愛知県です。
そして、関西の二つの府ではない第三極。
三都物語というのもありました。
兵庫県が第7位です。

人口が少ない県

実はこのデータは11位以下を取り出してみると
興味深いものが見えてきます。
人口が少ない県のランキングもわかりやすくなります。



人口が少ないランキング



 鳥取県   0.46%


 島根県   0.55%


 高知県   0.59%


 徳島県   0.61%


 福井県   0.63%


 佐賀県   0.66%


 山梨県   0.67%



山陰地方は人口が少ないのですね。
そして次が高知県です。
この上位三県は、よく一票の格差問題でも取り沙汰されています。

第7位まで挙げたのは、
ここでちょっとした段差がついているからです。
人口が少ないことは必ずしも悪いことではありません。


このサイトの次のページは、都道府県の人口密度

外部リンクです

☆☆1☆☆ 同じような趣旨のサイトですが
こちらのサイトは都市の話題「日本の都市を調べました!」


☆☆2☆☆ それぞれの都道府県に関するコラム
中国地方の話題は、こちらのサイトで