微妙な地方分け

都道府県の面積をランキング形式で比べてみたので、
その次は各地方の割合のグラフを作ってみました。

ただし、地方の分け方というのが微妙で、
いろいろな意見の分かれるところです。

北海道と九州地方と四国地方を迷う人はいません。
(九州北部の福岡県では「九州・山口」という言い方はあります)
中国地方と東北地方も比較的安定です。
中国四国地方というようにまとまる場合はありますが・・・


問題は、中部地方ですね。
正確にはその隣の近畿地方と関東地方のことも含みます。

すなわち、三重県をどちらの地方にするのか?
山梨県をどちらの地方にするのか?

その文化的背景とかを考えると、
三重県も山梨県も中部地方という考え方もあります。

今回は、三重県は近畿地方。
山梨県は中部地方として分けています。

それでは、ランキングです



 北海道地方  22%


 東北地方   17.71%


 中部地方   17.67%


 九州地方   12%


 近畿地方   9%




ランキング形式にしたのですが、この場合あまり意味はありません。
単に「数値がそこにあったので順番に並べてみた」という程度です。

それにしても、北海道は広いですね。
東北地方の各県が束になってもかなわないのですから。

この面積比を見る限りにおいて
中国・四国地方という言い方は、的を射たものですね。

あわせて13%。
九州地方とほぼ同じです。

そして関東と近畿がほぼ同じで、やはり都会であることを表しています。
このように見ていくと地方の分割の仕方は
かなりうまくできているのではないでしょうか。




このサイトの次のページは、各地方の人口比率

外部リンクです

☆☆1☆☆ 同じような趣旨のサイトですが
こちらのサイトは都市の話題「日本の都市を調べました!」


☆☆2☆☆ それぞれの都道府県に関するコラム
東北地方の話題は、こちらのサイトで