海に面しているのに

島の数が少ない県のランキングにも、もちろん内陸県はいれません。
海のない県は当然除外です。

ちなみに内陸県はどれだけあるかというと、8県です。
すなわち
奈良県、滋賀県、岐阜県、長野県、山梨県、埼玉県、群馬県、栃木県
ただし、滋賀県には海とみなされる琵琶湖があります。

京都から近いう海だから近江国と呼ばれていたのですね。

そして琵琶湖にも島があります。
これもランキングに入れようかと考えましたが、
そうすると他の湖の島も対象にすべきです。

かなり煩雑になりますので今回は取り上げません。

今回話題にするのは、周りを海に取り囲まれている島とします。
それではランキングです。



 大阪府 (0)


 富山県 (3)


 茨城県 (7)


 福島県 (13)


 神奈川県 (27)


 山形県 (29)


 鳥取県 (35)


 愛知県 (41)


 秋田県 (47)


 京都府 (49)


東京が引き受ける



大阪府は島の数が0です。
そして富山県が3で第2位です。

ここでは島の定義が問題になってきます。
一応海上にあり外周が100m以上であること。
そして昭和63年の調査を参照しています。

いずれにしろ島の数が少ない県は第3位が茨城県、
そして第4位が福島県。
太平洋側に面した隣同士の県です。

それから神奈川県が第5位です。
例えば三原山のある大島は神奈川県の南方にあります。

最寄りの本州の都府県は静岡県です。
しかし、東京都ですね。
こうすると神奈川県の島の数は減っていきます。

外部リンクです

☆☆1☆☆ 同じような趣旨のサイトですが
こちらのサイトは都市の話題「日本の都市を調べました!」


☆☆2☆☆ それぞれの都道府県に関するコラム
近畿地方の話題は、こちらのサイトで