昔の呼び方です

視点を変えてみるために、ちょっと面白いランキングを調べてみました。
旧国名の数のランキングです。

ただし、旧国名もいくつかの表現方法があったり、
現在の都道府県とは微妙に違っていたりもします。

特に東北地方に関しては、
陸奥と出羽では、範囲が広すぎると思います。

よって、ちょっと乱暴ですが

福島県を磐城と岩代
宮城県を陸前
山形県を羽前
岩手県を陸中
秋田県を羽後
青森県を陸奥


というように分けました。

羽後の一部が山形県だったり、
陸中の一部が秋田県だったり

などの事情はありますが、ご容赦願います。



さて、旧国名が多い県のランキングと言えば次のとおりです。



 兵庫県  摂津(一部)丹波(一部)但馬・播磨・淡路


 三重県  伊勢・志摩・伊賀・紀伊(一部)


 岡山県  出雲・石見・隠岐


 島根県  美作・備前・備中


 静岡県  伊豆・駿河・遠江


 京都府  山城・丹後・丹波(一部)


 大阪府  河内・和泉・摂津(一部)


 福岡県  筑前・筑後・豊前(一部)


 長崎県  肥前(一部)・壱岐・対馬



これを見ると機内がいかに細かく分かれていたかがわかります。
京都府、大阪府、兵庫県をこんなに分割していたのですね。

昔の方が広かった

逆に、旧国名だともっと広かったところが
今ではその一部が都県になっているところといえば
以下のとおりです。



東京都  武蔵の一部
埼玉県  武蔵の一部
和歌山県 紀伊の一部
佐賀県  肥前の一部


武蔵国はさらにその一部が神奈川県でもありますが、
神奈川県は相模国も含みます。

同様に、三重県と長崎県は紀伊国と肥前国だけではありません。
(長崎県はちょっと微妙ですけど)


このサイトの次のページは、島の数ランキング

外部リンクです

☆☆1☆☆ 同じような趣旨のサイトですが
こちらのサイトは都市の話題「日本の都市を調べました!」


☆☆2☆☆ それぞれの都道府県に関するコラム
関東地方の話題は、こちらのサイトで